英語・読書・筋トレ・日記

英語・読書・筋トレなど日々の日記を書いてます

『鱗塾』~美容は洗脳されたもの勝ち~

僕は男ですが、女性向けの本も時々読みます。

普通の男性は読まないため珍しい情報を手に入れられることがあるんですね。

本日購入したのは『鱗塾(うろこじゅく)

ヘアメイクアップアーティストの濱田マサルさんが書かれた本です。

男性が書かれた本なので、男が読んでも問題ないですよね(多分)。

さっそく内容をご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キレイは0円で生まれる

01 癖があなたをブスにする

ちょっとした癖を知り意識することが綺麗には一番の近道。

 

【日々気を付けるべき3つの習慣】

① 顔を触らない

顔を触るのはデメリットだらけ。

② 頬づえをつかない

正面から見れば可愛いかもしれませんが、実際の姿は老けて見える。

雑菌いっぱいの手がフェイスラインに触れるため、肌荒れの原因になることも。

③ 脚を組まない

からだのゆがみを招くため美容にも健康に悪影響。

脚を長く見せるのは演出。

組まないと落ち着かないのは体幹の筋力が弱い、すでにバランスが崩れている証。

 

02 本当の自分を知ること

自分の体質を知ることは地味なようだが、実は最大のポイント。

具体的にはホルモンテスト、アレルギーテスト。

ホルモンテスト:女性ホルモンと男性ホルモンの量やバランスを調べるもの。

ホルモンバランスが乱れると体が不調になるため知っておくといい。

アレルギーテスト:衣食住にまつわる全てのアレルギー反応を調べるもの。

肌荒れの原因究明やスキンケアの正解を知る近道になる。

 

03 呼吸がすべてを変えていく

無意識で行っていることを意識するだけでキレイになることが出来る。

癖を直すことはそのひとつであり、もっとも大切なのは「呼吸」を意識すること。

常に深く呼吸をする意識は人生を変えるといっても過言ではない。

呼吸は、だれでも今すぐできる”最高の美容法”。

 

深呼吸のやり方

鼻から思い切り深く息を吸い、お腹を膨らませる。

その後、口からゆっくり息を吐きだしておなかを凹ませる。

 

04 姿勢美人は雰囲気美人

キレイな人か否かを決めるのは、メイクでも、髪型でもなく姿勢。

 

(1)姿勢を意識することで起こる変化

・血行がよくなり、顔色が明るくなる

・肩のコリがなくなる

・顔の影が消えて、薄いメイクに変えることができる

・背中やデコルテについた余計なお肉がなくなる

・疲れにくくなる

・他人から見た時の印象がアップ

 

(2)正しい立ち方

・首をまっすぐ伸ばす

・肩を下げ、肩甲骨を背中の中心に向け寄せる

・足は肩幅程度に広げる

・からだの重心を親指側にかける

・顎を少し上げる

・背中や腰を反らない

・おなかを胸方向に引き上げ骨盤を立てる

・肩を落として腕をまっすぐ下す

 

(3)正しい座り方

・あごを少し上げる

・背もたれに寄りかからない

・太ももの裏を座面にしっかりつける

・肩を落とし首を伸ばす

・お腹を引き上げ、骨盤を立てる

・肩を落として腕をまっすぐ下ろす

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アレルギーテスト面白そうです。

紹介されていた病院は東京(<公式HP>松倉クリニック&メディカルスパ | 東京/表参道)だったため、大阪の病院をググって問い合わせをしてみたところ、空腹であればすぐに採決できるとのこと。

月曜日がたまたま休暇なので、行ってこようと思います。

 

本日ご紹介したのはほんの一部なのでまた紹介します。

ではでは。

 

 

鱗塾(うろこじゅく)

鱗塾(うろこじゅく)