読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語・読書・筋トレ・日記

英語・読書・筋トレなど日々の日記を書いてます

【本】ココロオドル仕事の見つける方法

ココロオドル仕事を見つける方法』という本を読みました。

作者は仲暁子さん。

Facebookを活用したソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly」を開発したウォンテッドの設立された方です。

 

タイトルの通りの内容になっていますが、主張はシンプル。

「とにかくやってみる」

これに尽きます。

 

印象に残ったところを引用していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目の前の選択肢を、考える前に全部やってみる。

そうすれば、どれが一番うまくいくか、瞬時にわかります。

 

人間は、体験したことのないものや、接したことのないものは、そもそも選択肢として選べない。

  

目の前のことに、ひたすら真剣に、愚直に向き合う。

そうやっていれば、振り返ったときに、過去の自分が想像できたところよりも、はるか先まで来ていることに、気づいたりします。

目の前の選択肢をただひたすらにこなしていく。それさえできれば、誤解を恐れずにいえば、あとは確率論です。

 

くり返しになりますが、必要なのは"ちょっとやってみる"こと。…

今の仕事をやめなくてもいい。やりたいことをリストアップして、週末にやってみるだけでいい。

 

ココロオドル仕事を見つけるために大切なことは、ふたつ。…

目の前のことを手当たり次第にやっていく。…

自分の弱みを克服しようとせず、それが自分なのだと受け止め、逆に、人と違うことを誇りに思うことです。

 

今気になること、今できることに片っ端から手を出してみて、そこでベストを尽くせばいい。

 

そこで残ったもの、人から求められて、もっとやりたいと思えるものが、ココロオドル仕事、つまりあなたの天職です。

 

思いきって会社をやめることができたのは、途中で「もういいや、人にどう思われたって関係ない」と開き直ることができたからでした。

 

「これは自分には向いていない」と思えたら、それはあなたの人生が定まっていっている証拠なのです。

 

ココロオドル仕事は、頭で考えても絶対に見つからない

 

最初に何をすればいいのかすらわからない、どこに進めばいいのかもわからなくて苦しい……という人がいたら、いつもとは違う場所に行ったり、いつもと違うことをやったりしてみることをおすすめします。

 

「成功者とは、バットを振る回数がとても多い人たちなのだ」

 

失敗するのが普通、うまくいかなくて当たり前。そう思っているだけで、やってみることは怖くなくなるのです。

 

私は「会社をやめてやりたいことをやれば、絶対に楽しいし、やめたらすぐに人生が充実する」と言っているわけではありません。

自分のやりたいことを信じて突き進んだとしても、多くの人は、そのことが「やりたいと思っていたけど、じつはここまでしてやりたいことじゃなかった」と気づいたり、まったくうまくいかなくて打ちのめされたり、お金がなくなって不安になったりします。

でも、それでいい。

そこから学んで、そこでもがいて、這いつくばって進んでいった、その先に見える景色が”すごい”から。

 

アクションプランを書き出したあとに、一番やってはいけないこと。

それは「これは、やるべきか?やる意味があるか?」と問いかけて、止まってしまうことです。

 

大切なのは、とにかく「参加ボタン」押すところまで、いっきにやってしまうこと。そうすれば、自分の外で物事が動き出します。

 

「なにかをはじめても、続かないんじゃないか、三日坊主に終わってしまうんじゃないか、なんて余計な心配はしなくていい。気まぐれでも、何でもかまわない。ふと惹かれるものがあったら、計画性を考えないで、パッと、何でもいいから、自分のやりたいことに手を出してみるといい。それでもしだめならーつまり続かなかったら続かなかったでいいんだ。いいと思うべきだ」

 

向いているかどうかは、やる前にわかるのではなく、やってみたらわかる。

 

最速で結果を出したい、短期間で力をつけたい。そんなふうに悩んだときには、ぜひ「みんなと違う場所に行ってみる」といいと思います。

 

ただひとつ、私から言えることは、「とにかくやってみさえすれば、自然淘汰が決めてくれる」と考えることで、今も少しだけ、ラクに生きていけるのではないか、ということです。

 

 

 

ココロオドル仕事を見つける方法

ココロオドル仕事を見つける方法

 

 

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)